TOP
49.46score

絶対零度

ハイエンドヘッドホンとハイレゾ音源

現在のオーディオ業界で注目されているハイレゾという言葉を聞いたことがある人も多いだろう。このハイレゾは、従来の技術では再現できない音を表現するために必要不可欠な技術である。ハイレゾ音楽を聴くためにヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどを使うのだが、ハイレゾの音楽を聴く場合にはハイレゾに対応したヘッドホンでないと、ハイレゾ音源を使用する意味がないということを認知している人は少ないように思われる。
この、ハイレゾ音源に対応したヘッドホンはハイエンドモデルが多く、私たちに今まで以上の音楽を聴かせてくれるのである。このことから、私がヘッドホンを選ぶ際に重要視しているのは再生可能周波数帯域が広いことである。この再生可能周波数帯域が広いほど、ヘッドホン自身が再現できる音の幅が広いことを表していて、ハイレゾ音源にはぴったりのヘッドホンと言えるだろう。ハイエンドヘッドホンには、このような再生可能周波数帯域の広いものが多く存在している。
ただ、再生可能周波数帯域が同じヘッドホンやイヤホンなどを見かけることがある。数字だけを見ていると、同じ表現までしかできないので同じような音が出るのかと思うかもしれないが、ハイエンドになればなるほど製造している企業のこだわりや傾向が強く出るものである。ここがハイエンドヘッドホンを選ぶ際に面白いところなのだ。私がヘッドホンを選んだ際にも再生可能周波数帯域で選び、最終的に2種類のハイエンドヘッドホンで迷ったのである。そこで最後の決め手となったのがそれぞれの企業の音の傾向である。私は、正確な音を再現してくれるヘッドホンよりも、長時間聴いていて疲れない、やわらかい音を再現するヘッドホンに決めたのである。この選び方ができるのはハイエンドモデルの特権ではないかと私は思っている。

.

最終更新日:2015-11-13 13:18

コメント (0)